しきたりとれんど 2007年4月24日号


初節句のお祝い

初節句は、生まれた子が初めて迎える節句のことで、子どもの健康な成長を願ってお祝いをします。女の子は3月3日桃の節句、男の子は5月5日端午の節句です。祖父母から鎧兜、鯉のぼり、雛人形などの品物を贈ることが多いようです。昔は親類などが集まってお祝いしましたが、現代では両親、祖父母、子どもだけで祝うことが多いようです。

 

Copyright (C) 2007 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]