しきたりとれんど 2007年1月9日号


御守を数える単位

ウサギ1羽、たんす1棹というように、独特の単位でモノを数えることがあります。御守もその一つでしょう。御守自体は小さなものですが、神様・仏様の分身という考え方から「体(たい)」という単位が使われます。最近は、様々な形の御守が見られるようになりました。また、神社によってはキャラクターをあしらった御守もあるようです。

 

Copyright (C) 2007 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]