しきたりとれんど 2006年9月12日号


御中の使い方

御中は、会社や部署、組織など個人名以外のあて先に出すときに用います。「○○会社御中」「○○会社○○部御中」などとします。また、宛名が印刷されている場合など、「○○係行」と記載されていれば「○○係」までが宛名です。そこで、「行」を「御中」に直します。個人名がわかっている場合、会社名や部署名のあとに御中は用ず、個人名に「様」をつけましょう。

 

Copyright (C) 2006 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]