しきたりとれんど 2006年5月9日号


四文字の表書き

お祝いなどの表書きに四文字を使わないほうがよいという考え方があります。これは四文字が「死文字」を連想するというところからきているようです。例えば「祝御結婚」ではなく、「御結婚御祝」と五文字にするとよいでしょう。同じく結婚式に使える表書きには「寿」「祝結婚」や「御祝」もあります。最近は四文字を気にしない人も増えていますが、避けた方が無難でしょう。

 

Copyright (C) 2006 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]