しきたりとれんど 2005年8月9日号

参列する親族の範囲

日頃のお付合いにもよりますので、一概にどこまでというきまりはありませんが、2親等までがひとつの目安になるかと思います。参列の有無については、喪家から指示がある場合もありますが、年長者に助言を求めてもよいでしょう。また、葬儀は最後のお別れの場となるため、参列したいという自分の意思で決めてもかまいません。

 

Copyright (C) 2005 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]