しきたりとれんど 2005年5月10日号

妻が喪主のときの弔電

弔電は、喪主に宛てて出すのが一般的です。そのため、喪主と故人との関係によって、故人の尊称が変化することに気をつけましょう。既婚男性が亡くなった場合、最近はその妻が喪主を務めることが多くなっています。この場合の尊称は、「ご主人様」「だんな様」「ご夫君様」などを用います。

 

Copyright (C) 2005 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]