しきたりとれんど 2005年3月8日号

お彼岸とは

春分・秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈みます。極楽浄土が西方にあるという思想から、この日は太陽がその方角を正しく示し、仏の世界に至ることができると考えられました。そのため僧侶にお経をあげてもらい、仏事を営むことが多いようです。また、秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」とされています。

 

Copyright (C) 2005 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]