しきたりとれんど 2005年1月8日号

拍手をうつのはなぜ

神社等に詣でて、両手のてのひらを打ち合わせて音をたてることを拍手(かしわで)といいます。「魏志倭人伝」には3世紀ごろの日本人の風習として、身分の高い人物に対し手を打ってひざまずき拝礼をしたことが記されています。神道における拍手も、敬う気持ちの表れと考えられるでしょう。

 

Copyright (C) 2005 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]