しきたりとれんど 2004年11月23日号

お見舞いを渡しそびれたら

入院の知らせを受けたけれど、お見舞いを渡しそびれたまま退院してしまったという場合には、退院のお祝いを贈るとよいでしょう。お祝いですので、紅白水引、のし付きの祝儀袋を用意します。何度もあってほしくないものですので、水引はほどけない結び切りのものを選びます。表書きは「祝御退院」「祝御全快」「祝御快復」などとしましょう。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]