しきたりとれんど 2004年10月26日号

喪服をいただいたのですが

亡くなった親戚の喪服をもらったが、とまどっているというご質問をいただきました。喪服は着用頻度が高いものではなく、傷むこともあまりありません。また、喪服はなかなか高価なものですので、使ってもらえる方へ差し上げようというお気持ちからではないでしょうか。喪服をいただいたからといって、とくに深く考えることはありません。大切にお使いになるのがよろしいかと思います。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]