しきたりとれんど 2004年9月14日号

忌中札とは何ですか

忌中札は、不幸があったことを知らせるために門や玄関などに貼る札です。半紙に墨で「忌中」と書いて黒枠で囲い、簾を裏返した上に張りました。しきたりの簡素化により、最近はこの忌中札を用いることが少なくなっています。また、最近は斎場で通夜・葬儀を行うことが多くなってきたこともあり、忌中札を貼ると家を留守にしていることがわかってしまうため、防犯上好ましくないということもあるようです。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]