しきたりとれんど 2004年8月10日号

数年後に訃報を知ったら

葬儀後に訃報を知った場合、お悔やみとともにお香典を渡すのが一般的です。しかし、遺族側に立って見た場合、葬儀から数年後にお香典を受けるというのは当惑することがあるようです。また、お香典をいただくと、遺族はお返しのことを考えてしまいます。そこで、お香典ではなくお供え等を用意し、先方に負担にならない程度でお悔やみの気持ちを伝えてはいかがかと思います。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]