しきたりとれんど 2004年1月27日号

厄払いの時期

厄払いは節分までにしなければならないのか、という質問を受けました。節分後であっても神社では厄払いをしてもらえますので、とくにこだわる必要はありません。これは、節分に追い払う鬼が病や災害の象徴であるため、それまでに厄払いもした方がよいという考えにつながったようです。喪中の方は、忌明け後に神社に参詣し、お払いをしてもらうとよいでしょう。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]