しきたりとれんど 2004年1月13日号

年賀状を出しそびれたら

年賀状は、松の内ならば出してよいことになっています。松の内は小正月の15日という地域もありますが、7日までが一般的です。そこで今時期であれば、寒中見舞いとして出してはいかがでしょうか。「寒中御見舞い申し上げます」で始め、先方の健康を祈る言葉で締めくくります。年賀状をいただいたお礼や、近況などを一言添えるのもよいかと思います。

 

Copyright (C) 2004 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]