しきたりとれんど 2003年11月25日号

「義父」「義母」という続柄

夫婦連名で喪中ハガキを出すと、妻側の両親を亡くした場合、「義父」「義母」というように続柄は夫から見てのものになります。「母」とした場合、受け取った側は実母であると考えるのが自然だからです。妻が個人的に出す欠礼状については、「母」として出すようにすればよいでしょう。

 

Copyright (C) 2003 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]