しきたりとれんど 2003年7月8日号

赤ちゃんを亡くした人へのお悔み

不幸があった方へは「御香典」「御霊前」などの不祝儀として、お悔みを渡すことが一般的です。しかし、赤ちゃんを亡くした場合、その悲しみを考えると「御香典」などの不祝儀とするよりは「御見舞」とすることをおすすめします。のし、水引きはなしで「御見舞」と表書きだけをしましょう。

 

Copyright (C) 2003 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]