しきたりとれんど 2002年11月12日号

七五三のお祝い返し

本来はお祝い返しはしなくてもよいとされていますが、最近では行うことが多くなっているようです。お返しは、「内祝」と表書きをして、こどもの名前で贈ります。紅白蝶結びの水引を選びましょう。お返しの品としては、千歳飴を配る以外に、赤飯や菓子折りなどを贈ることが多いようです。お祝いをいただいてから、1週間以内に行うようにしましょう。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]