しきたりとれんど 2002年11月5日号

喪中に七五三のお祝いはしてもいい?

喪中には身を慎んで慶事を控えたり、神事をひかえたりすることが知られています。七五三は子どもの成長をお祝いする行事です。日取りを気にする方もいます。そこで、七五三では忌明けを一つの判断基準として行うのがよいでしょう。忌明けを待って11月15日以降に行ったり、翌年に延ばしたりして行うこともあるようです。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]