しきたりとれんど 2002年9月24日号

併修とは

祖先の年忌が同じ年に重なっている場合には、合わせて法要を行うことがあります。これを併修といいます。その場合、法要の日取りは命日の早い祖先に合わせます。日程は寺院と相談して決めるようにしましょう。案内状や引物にも併修であることを記し、それぞれの祖先の戒名や回忌等を記載します。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]