しきたりとれんど 2002年9月10日号

弔電の届け先

最近は、自宅ではなく寺院や会館などで葬儀を行う、という方が増えているようです。また、遺族は葬儀の準備であわただしいため、自宅を空けているということもあります。そこで自宅を知っている、という場合でも、弔電を出すのであれば葬儀会場に届くようにした方が確実かもしれません。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]