しきたりとれんど 2002年7月9日号

お盆のほおずき

ほおずきはお盆に欠かせないもののひとつです。仏花として供えるほか、ひもを通して精霊棚の上に吊るしたりします。その形が提灯ににていることや、赤い色がろうそくの代わりとされ、精霊が迷わないようにという意味が込められています。

東京の浅草では、毎年7月9日・10日に「ほおずき市」が行われ、ほおずきを買い求める多くの人でにぎわいます。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]