しきたりとれんど 2002年6月18日号

ふくさの使い方(弔事)

金封を包む「台付きふくさ」は、一般的に慶弔事両方に使うことができるようになっています。敷台は片面が慶事用の赤や朱色、もう片面が弔事用の黒やグレーになっています。弔事では敷台を黒やグレーにして金封を包み、ふくさを右、下、上、左の順に折ります。ふくさの包み方が慶事とは逆になりますので、注意しましょう。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]