しきたりとれんど 2002年2月19日号

金具のついた靴

黒の革靴に、金色の金具が付いたものを弔事に用いてもよいのか、というご質問をいただきました。

葬儀では、このように金具のついたものは避けましょう。金色は目立ちやすいものです。靴のほかにバッグ、服のボタンにも気をつけるようにします。

また、法要の場合も、一周忌まではこのようなものは避けた方がよいでしょう。法要は、年数を重ねるごとに喪の表現を薄くしていきます。三回忌以降の法要であれば、喪服ではなく地味な服装でかまいませんので、靴の金具も気にすることはないでしょう。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]