しきたりとれんど 2002年2月12日号

厄年と弔事

喪中には、慶事への出席や神社への参拝を控えるということがあります。しかし厄年にはそのような制約はとくになく、厄年だからといって何かをお断りする必要はありません。慶事弔事のどちらへも、出席することができます。厄年は精神的にも肉体的にも変化が多い年にあたることが多いため、普段よりも気をつけるよう心掛けるのはよいことです。自身の健康状態や生活環境を見直すなどして、過ごすのもよいでしょう。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]