しきたりとれんど 2002年1月22日号

通夜だけしか参列できない場合、弔電は打つものですか?

葬儀に参列できないので、葬儀当日は弔電を出した方がよいのでは、というご質問です。

弔電は、弔問できない人、葬儀に参列できない人が打つ、というのがよく知られているところです。しかし、参列する、しないにかかわらず、弔電は出してもよいものなのです。ただ、一般的に通夜か葬儀のどちらかに出席するのであれば、打たないことがほとんどのようです。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]