しきたりとれんど 2001年10月9日号

位牌を兄弟でそれぞれ持ちたいのですが・・・

お墓は祭祀承継者である一人が、受け継ぐことが法律で定められています。承継者は遺言か、遺言がない場合には話し合いとなります。

しかし位牌の数については、いくつ以上あってはいけないと定められているものではありません。あくまでもそれを受け継ぎ、守りたいという人があれば、複数つくっても良いのです。また、お骨についても、分骨という形で兄弟それぞれが受け継ぐことができます。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]