しきたりとれんど 2001年8月28日号

お悔やみに持って行く花

花屋で弔時用だと伝えればそのように用意してもらえます。

注意事項としては、赤といった派手なy色の花は避けます。バラもトゲがあるため嫌われることがありますので、避けましょう。花束のリボンは白か黒にします。

花は白を基調として寒色系でまとめることが多いようです。故人が女性だった場合など、ピンクなどやわらかい色の花を入れてもらうのもよいと思います。また、故人が好きだった花を選ぶというのも供養になるでしょう。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]