しきたりとれんど 2001年6月26日号

喪中はお中元を贈ってはいけないのでは?

喪中に年賀状を送らないのはよく知られていますが、お中元は?・・・という質問を、季節柄よくいただきます。

お中元は日頃お世話になっているお礼ですので、喪中にかかわらず贈ってさしつかえありません。

逆に、贈る相手が喪中で忌明け前の場合には注意が必要です。お中元は、紅白の水引で、のしのついた掛け紙を用います。そこで先方がまだ忌明け前の場合、紅白水引とのしをはずして「御中元」と表書きのみします。忌明け後は通常の包装で贈ってかまいません。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]