しきたりとれんど 2001年4月4日号

Q:妊婦は葬儀には出席しないほうが良いと聞いたことがあるのですが?

担当者:妊婦さんというのは敏感です。普段は迷信や占いのたぐいは信じない人も、自分がいつもと違う状態にあると、ちょっとしたことでも心配になったり気にしたりするのと同じですね。

昔は死者の霊魂が胎児に入ると考えられ、妊婦は参列しないのがきまりでした。
現在は迷信と言い切ることもできますが、人の死という悲しみによる精神的負担は大きなものです。その負担から、妊婦や胎児を守ろうと気遣う人々の気持ちが作り出したいわれ、とも言えます。

ただ、葬儀は故人との最期のお別れです。「出席したいけれど、やはり心配で・・・」という方は、鏡を身につけるという風習(今風に言うと裏技!)がありますのでご安心を。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]