ニュースとれんど 2000年 バックナンバー
| 最新号 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 |

テーマ
12月29日号 o 20世紀を振り返って
o 21世紀の葬儀はどうなるでしょう
12月22日号 o 「友引」でも斎場営業
o 「私の死亡記事」著名人102人執筆
12月15日号 o 「葬送狂騒曲」というホームページ
o 式場ではお静かに
12月08日号 o 英王室が自分の葬儀プランを行う
o オスカー・ワイルド没後100年記念行事
12月01日号 o 4人に1人が火葬
o スェーデンの古代の火葬場を発見
11月24日号 o 全国の葬儀社数は約4,000社
o 納骨堂の様子を毎日インターネットで
11月17日号 o ラビン夫人の葬儀行われる
o 大聖堂に葬られたデンマークの王太后
11月10日号 o インターネットでペット葬儀の予約ができます
o 死者82人を出したシンガポール航空機事故にボランティアが活躍
11月02日号 o シンガポールでも仮想死亡モール出来る
o 警官に葬儀社の経営者が賄賂
10月27日号 o オーストラリアの運動家の国葬
o カトリックの散骨の祈り
10月20日号 o 蝶々さんの葬儀
o エボラ熱の防止で学校の閉鎖と葬式の禁止
10月13日号 o イギリス・ギャングの葬儀
o やっと故郷にもどった遺体
10月06日号 o トルドー元カナダ首相の葬儀
o 酒の密輸のための葬列
9月29日号 o 葬儀会社のスチュワート・エンタープライズ社がヨーロッパから撤退
o アメリカの死亡広告
9月22日号 o サマランチ夫人の葬式ミサ
o 来年、モスクワに戻るアンナ・パブロワの遺灰
9月14日号 o 霊きゅう車の歴史が知りたい方に
o ドバイに火葬場
9月08日号 o 伝統の国でも伝統葬儀を希望していない
o 子供用の遺灰庭園が完成
9月01日号 o アンディ・フグさんの葬儀・告別式
o イギリスに初のヒンズー教徒の火葬場
8月25日号 o 棺の通信販売
o ウォルター・マッソーの追悼会
8月18日号 o アレック・ギネスのための私的な葬式
o インターネットで葬儀の中継を専門に行うサイトが誕生
8月11日号 o 7割の人が年3回の墓参り
o 葬祭業を目指す人に
8月04日号 o コンコルド事故の追悼会
o 共同墓地を観光名所に
7月28日号 o 皇太后さまの葬儀に1,100人が参列
o アメリカ人の46%が火葬を希望している。
7月21日号 o 仏陀の出生地ルンビーニに飛行場
o 墓はあっても場所がない
7月14日号 o インターネットで申し込める葬儀保険
o 250万人の墓が捜せるホームページがある
7月07日号 o 散骨会社ハワイには4ケ所
o 葬儀音楽にも金がかかる
6月30日号 o グレタ・ガルボの遺灰の行方
o 自分の葬儀を考える
6月23日号 o 早すぎた火葬
o 新しいエンバーミング技術を開発
6月16日号 o 家庭でDNAを永久保存
o 僧侶130歳定年制は否決へ
6月09日号 o 第2次大戦記念碑資金募集
o カナダの霊園事情
6月02日号 o ミック・ジャガー 、母の葬儀で歌う
o 闇組織に占領された霊園
5月26日号 o 樹葬されたロマンス作家の女王
o 中国でも葬儀が変化
5月19日号 o 小渕前首相の密葬は5月16日、合同葬は6月8日に
o オンラインメモリアル
5月12日号 o 電子死亡診断書
o 死亡広告で商売?
5月05日号 o 引き取り手のない遺灰
o 遺品を納めるケースのついた棺
4月28日号 o 葬儀用品の小売店誕生
o アレクサンダー大王の父の骨ではなかった
4月21日号 o DNA鑑定が追求する真実
o 死者の日
4月14日号 o 委員会が葬儀産業を聴聞
o 上海でもサイバー霊園が誕生
4月07日号 o 霊園にタイムカプセルを埋葬
o イギリスの葬式費用は上昇中
3月31日号 o 臓器提供者に葬儀費用を負担?
o 火葬のネプチューン協会の躍進続く
3月24日号 o 骨壷ベッド
o 死亡通知はインターネットで
3月17日号 o 生花祭壇が増加
o 仏壇へのお供えが楽になる
3月10日号 o ゆりかごから墓場まで
o 田中さんの告別式はアメリカで
3月03日号 o 映画監督ヴァディムの葬儀
o スターよ永遠なれ
2月25日号 o 葬儀音楽の伝統
o インターネット上で葬式を中継している葬儀場
2月18日号 o 荒井さんの遺骨がケアンズの海に
o シュルツ氏の 追悼会
2月11日号 o あなたの霊園は魅力がありますか?
o 「ワールドデスケアエキスポ2000」は2月23日より開催
2月04日号 o 家族が献体後の遺灰の返還を問題に
o みのもんたさん、自宅で母の通夜
o 「戒名料」の表書き廃止
1月28日号 o きんさんに2000人がお別れ
o 葬儀広告
1月21日号 o 映画007の秘密兵器係Qの葬儀
o 世界最大の葬儀社が、1,000人をレイオフ
1月15日号 o インド女性が葬式でサティ(殉死)を
o 生き続けているチベットの「空葬」
1月07日号 o 葬儀史博物館
o インターネットで墓地の交換

 

Copyright (C) SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]