ニュースとれんど新春 臨時増刊 2003年1月7日号

遺灰からダイアモンドに(カナダ)

遺体を火葬にした灰からダイアモンドをつくる技術が開発されたというニュースが昨年9月に流れて話題となったが、これを世界で最初に行なった人がいる。12月31日のCNNニュースによると、80才で亡くなったカナダのエドナさんの遺灰は、ダイヤモンドに生まれ変わって遺族に手渡されたという。彼女の遺灰は葬儀社に預けられて3グラムに圧縮され、それをイタリアの会社に送られてダイアモンドに加工されたという。

4分の1カラットのダイヤモンドの製造コストは、カナダドルで3,240ドル(2,052米ドル) 。日本円にすると約25万円。手配をしたカナダのクロフォード葬儀社では、さらに3人の注文があるという。

なお料金についての詳しい事が知りたい人はこちらにどうぞ。( http://www.lifegems.com/secondary/LG_Prices.htm


なんと、金目あての墓荒らしが横行(ボルネオ)

ボルネオ島では、悪質な墓荒らしが多く出没し話題になっている。昨年だけでもボルネオ島の北中部に位置するシブでは100カ所以上の墓が荒らされ、棺に一緒に納めてあった副葬品が盗まれたと言う。現地のイバン共同体の人々は、死者を埋葬する時にあの世で困らないために金や貴金属を一緒に埋葬するという慣習があるのだ。ただしマレーシアでは盗掘は殺人と同じように重罪で、逮捕されれば死刑になるという。墓荒らしで死刑になれば向こうでも浮かばれない。

 

Copyright (C) 2003 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]