ニュースとれんど 2002年8月30日号

葬儀参列者に落雷、3名が死亡(米国)

8月23日午前の事、米ミズリー州スプリングフィールドにある霊園に雷が落ち、葬儀に参列していた3名が死亡する事件があった。

現場ではレオン・キャロルさんの葬儀が行われており、30から40人の人が参列していた。式典中に雨が降りはじめ、雨を避けようと数人が樹木の下に避難、運悪くそこに雷が落ち3名が死亡した。

落雷の予防策として(1)屋外の場合は、姿勢を低くする。(2)高い樹木などから離れる。などが言われているので、雷時には樹木の下に避難するのは避けた方が無難である。


ペットの処置は(中国)

日本ではペットの葬儀を専門に行う業者が全国に存在しているが、中国ではまだ少ないようだ。「人民日報」によると、北京の家庭では4軒に1軒の割でペットを飼っており、登録された犬の数は10万匹にのぼるという。そして毎年多くのペットが死亡しているので、飼い主はその処置に頭を悩ましている。

衛生的にも、所かまわず捨てたり埋めたりするわけにはいかないのである。現在北京ではペット病院が動物の火葬業務を行っているが、ペットを埋葬する場合には専用墓地がないので問題が残る。そのため、都市部でのペット葬儀を専門に行う業者と、その法規の作成が急がれている。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]