ニュースとれんど 2002年5月31日号

松本市のお寺で葬儀フェア

長野県松本市にある浅間温泉の神宮寺(松本市浅間温泉3-21-1)で、6月28〜30日から3日間、「フューネラル・フェア(お葬式の見本市)」が開かれる。同寺院は永六輔が校長をしている尋常浅間学校という試みもあり、そのユニークな活動で仏教と市民生活のあいだに新しい風を送り込んでいる。

葬式用品や、「精進落とし」、「花祭壇」、風船で飾る「バルーン祭壇」などを展示し、個人の希望を取り入れた葬式のあり方を提案する。入場無料。


「ゴルフの神様」スニード氏の葬儀行なわれる

「ゴルフの神様」と呼ばれ、5月23日に脳卒中のため89歳で死亡したサム・スニード氏の葬儀が26日、バージニア州ホットスプリングズの教会で営まれ、約250人が参列した。4人が弔辞を述べ、彼の偉大さとゴルフ界への貢献を讃えた。スニード氏は米プロゴルフツアーで最多の81勝をマークし、四大トーナメント7度制覇の実績を持ち、彼を超える選手は出ないだろうといわれる。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]