ニュースとれんど 2002年5月24日号

ペットの死亡広告

1故人の死亡広告を載せるのは世界中の新聞で行われているが、このたびアメリカのフィラデルフィア・ディリー・ニューズ誌では、ペットの死亡広告を扱うという。

料金は52.08ドルで、ペットの写真と数行のコメントを載せることができる。月に一回、まとめて載せるというが、ペットの主人のためにもこの企画の成功を祈る。


ペットロスのためのサイト

日本にあるペットロス協会はHPで活動を展開しているが、アメリカにはペットロス・コム(下記参照)があり、そこでは月曜日に「ペットロス・キャンドル・セレモニー」を行なっている。といってもインターネット上で行なうのでなく、世界中のそれぞれの場所で、思い思いの方法でローソクに火を点して、祈りを捧げるものである。時間はアメリカ東部標準時で月曜日午後10時より。

>> ペットロス・コム( http://www.petloss.com/ )

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]