ニュースとれんど 2002年3月29日号

ロンドン市の火葬料金

ロンドン市にある火葬場は、1854年に現在の公園に移転された霊園にある。そこの火葬場の処理能力は1日46体で、火葬料金は266ポンド(約5万円)。火葬した遺灰はメモリアル庭園に埋葬するか、納骨堂に保管するか、あるいは芝の霊園に埋葬するなどがある。費用はバラ園に埋葬して銅製の銘板に名前を刻んだ場合、5年間の管理費用が230ポンド(約4万3000円)。納骨堂へ保管する場合には管理料は5年で650ポンド(約12万円)、そして芝地への遺灰の埋葬費用が20年間で1200ポンド(約22万5000円となる)。しかし何よりも便利なのは一ケ所で葬儀から納骨までがすむことであろう。


フランクシナトラと仲間の墓

1998年5月14日に亡くなった歌手のフランク・シナトラは、現在カルフォルニア州のカテドラルシティのデザート・メモリアルパークの芝生の下に埋葬されている。彼の碑銘は、目立たないので、そこに立たなければ発見できないであろう。そこに印された言葉は

THE BEST IS YET TO COME
FRANCIS ALBERT SINATRA
1915    1998
BELOVED HUSBAND & FATHER

単純だけど、胸に迫る。

彼の仲間であった歌手で俳優のディーン・マーチンの墓は、ロサンジェルスにあるウエストウッド・メモリアルパークの6層からなる立体式霊堂の下から3段目に納められている。表面にあるブロンズのプレートにある言葉は、

DEAN MARTIN
JUNE 7. 1917 - DECEMBER 25.1995
EVERY BODY LOVES SOMEBODY SOMETIME

彼の歌声が聞こえてくるようである。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]