ニュースとれんど 2002年3月1日号

演奏が聴けるジャズマンのお墓

京都の大徳寺総見院に、2年前に亡くなったテナーサックスプレーヤーの松本英彦さんのお墓がある。2月10日に松本さんの3回忌法要が営まれ、ここで演奏が聴ける装置が披露された。墓の両側には石に見えるスピーカーが置かれ、そこから松本さんが演奏した12の名曲が流れる。お参りに行った人は、パネルのボタンを操作して自由に曲が選べるようになっている。


お墓を綺麗にする本

遠くにお墓があると、掃除に行く機会がないのが実状。しかし実際にお墓掃除をしても、永年に汚れはなかなかきれいにならない。そのため、プロが書いた墓掃除の本がアメリカで発行されている。41ページの本のタイトルは「石碑と霊廟の清掃」で、定価は12.95ドル。墓石をきれいにするための6つのステップと、各段階に写真が添えられている。

 

Copyright (C) 2002 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]