ニュースとれんど 2001年12月21日号

江戸家猫八さんの告別式に800人

12月10日に心不全で亡くなった物まねの江戸家猫八さん(享年80歳)の葬儀・告別式が12月14日、東京中野区の宝仙寺で営まれた。葬儀には、落語家やファンら約800人が参列。葬儀委員長の三遊亭金馬が弔辞を送ったあと、喪主で長男の江戸家小猫はお礼の言葉を述べ、そしてうぐいすのものまね「ホーホケキョ」で最後のお別れをした。喪主の意向で出棺の際に猫八さんを拍手で見送った。 棺には競馬新聞などが納められたという。


香典金額はいくら

新潟県長岡市にあるホクギン経済研究所は、「おつきあいの相場」の調査結果を発表。それによると、香典金額は親類に対するものが平均2万円、友人へが9000円という結果が出た。親類に対する香典の場合、全体の約3割が3万円以上で、60歳以上では約55%。なお3割以上の人が節約のためにつきあい範囲を「狭くしたい」と答えている。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]