ニュースとれんど 2001年12月7日号

G・ハリソンさん遺灰ガンジス川へ

元ビートルズのメンバーで、ギタリストのジョージ・ハリソン氏が29日午後1時30分、がんの合併症のため、米ロサンゼルスにある友人宅で死去した。58歳だった。息を引き取ったわずか数時間後にハリウッド・フォレバー霊園の火葬場で、家族と友人だけによる30分たらずの式のあと火葬された。

葬儀費用は950ドル(約11万7000円)で、遺灰は妻子に渡された。そしてオリビア夫人と息子ダニーさんにより、インド北部のヒンズー教の聖地バラナシに運ばれ、ガンジス川に流される。遺灰の処置はハリソンさんの遺言という。


台湾で生前葬

台北時報によると、12月5日台湾の著明な女性作家が、台北にあるシャーウッド・ホテルで生前葬を行なった。彼女は3年前にがんにかかり、今年の6月から一切の治療を止めて、静かに死をむかえることにした。そこで彼女はこれまでお世話になった仲間や知人たちを集め、お別れの会を実施した。ホテル内の宴会室の舞台には花や風船が飾られ、巨大なケーキが参加者に配られた。彼女はそこで、「死は人生の一部。幸福に生き、幸福に死を迎えたい」と述べたという。多くの人に人生について考えさせる一日となった。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]