ニュースとれんど 2001年9月28日号

葬儀従業員が足りない

6,000人以上の行方不明者を出したアメリカの同時多発テロで、これから1ヶ月以上にわたり、ニューヨーク州を中心に何千という数の葬儀が行われることになるという。そのため葬儀社では人手が足りず、他の州からの応援を待っている状態である。

ニューヨーク州では1996年にTWAの航空機事故で230人の死亡者を出したが、今回はその比ではない。テロの事件で犠牲になった300人以上の消防士などの葬儀は、葬儀社の好意で無料で行っているところもあるというので、葬儀は大変なビジネスといえる。


アーリントン墓地に眠る

ワシントンDCにあるアーリントン墓地には、現在26万人のアメリカ軍人が眠っているが、そこに埋葬されるためには軍人か退役軍人などの条件がきめられている。

今回のテロ事件で189人の職員がペンタゴンで死亡したが、そのなかに何人かの民間人が含まれていた。アーリントン墓地に埋葬されることは大変に名誉なことなのだが、今回の被害者である民間人が、そこに埋葬されることがどうか意見が別れている。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]