ニュースとれんど 2001年9月7日号

歌姫アリーヤの葬儀がニューヨークで行われる

8月25日バハマで小型飛行機が墜落し死亡したR&Bの歌姫、アリーヤのプライベートな葬儀がニューヨークで営まれた。

8月31日、彼女の遺体はガラスの馬車に安置され、2頭の白い馬に曵かれて教会に向かった。葬儀は教会で行われ、家族と100人ほどの招待者で営まれた。そのなかには、マイク・タイソン、リル・キムなどの音楽仲間や俳優のデロイ・リンドなどの姿が見られた。  同じ日、追悼イベントがレストランで行われ1,000人を超す人々が集まった。そのあと参加者はアリーヤの葬儀が営まれた教会まで行進した。葬儀のあと彼女の年令と同じ22羽の鳩が用意され、彼女の母が一羽の鳩を放した後、21羽の鳩が一斉に空に放たれた。


墓からはい出した男

8月末のある日、ブラジルのトラック運転手の43才の男性が、リオデジャネイロの北カンポスにあるチャジュ墓地から無事脱出したという出来事があった。

彼は麻薬密売組織の男に撃たれ、閉鎖された墓に埋葬された。しかし彼は13時間後に意識をとりもどし、奇跡的にも墓のふたを押しあけ、そこから脱出することに成功した。たまたま墓地にお参りにきていた人々の間でパニックを引き起こした。銃弾で血まみれになっていた男の顔を見て誰もが逃げたので、彼は助けもなしに一人で病院まで歩いて行ったという。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]