ニュースとれんど 2001年7月27日号

ヘリコプターで山上に散骨サービス

ニュージーランドのマスタートンにある葬儀社が、マスタートンからヘリコプターでタラルア(Tararua)の峰に向かって飛行し、そこから散骨をするサービスをはじめた。

費用は35ポンドで、遺族がそれに同乗したい場合には追加費用として30ポンドが加算される。一回の飛行で6柱分の散骨が可能という。


貧者のための葬儀補助

ミシガン州では、低所得者のための葬儀費用の援助予算を減額する動きがあり、貧者に適切な葬式をすることを難しくしている。州当局は36億ドルの家族予算のうち、貧者の埋葬予算を120万ドルとする削減案を提出した。それによる減少は、一回あたり300ドルで、これまで斎場と墓埋のための支払いが1,460ドルから1,160ドル(14万円)となる。5月の葬送儀礼の平均コストはおよそ5,000ドルである。毎年6,500人から7,000人がこの援助を受けるという。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]