ニュースとれんど 2001年7月6日号

ブルース・ウイリスの弟の密葬

ダイハードで有名になった米映画俳優ブルース・ウィリスの弟のロバート・ウィリスが、6月26日膵臓ガンで死亡した。彼は42才でウェブ・サイトのデザイナーであった。

彼の葬儀は身内だけのプライベートなものであった。また、死去に伴う寄付は、ロバート・ウィリス・メモリアル奨学金財団宛に行うよう提案している。アメリカでは香典の習慣はないが、故人の名義で公共に寄付する習慣が一部で行われている。


サンタクルーズの葬儀社が埋葬処理で訴えられる

カリフォルニア州のサンタクルーズで、昨年死亡したグラディス・ボーンさんは、生前自分の葬式を様々な花で飾ると計画をしておいた。しかし彼女の埋葬の際には指定された花は用意されなかった。

その後、彼女の関係者は葬儀社の扱いに疑問をもち、6ヵ月後に墓を掘り起こした。その結果、遺体は病院のガウンを着て遺体袋に納められたまま埋葬されていた。遺族側はサンタクルーズ葬儀場に対し、詐欺、契約破棄、遺体不法取り扱いなどで訴え、507,524ドルの損害賠償を要求、それに対して葬儀社側は、落ち度はないと主張している。

遺体を掘り起こす事の出来るアメリカならではの事件である。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]