ニュースとれんど 2001年5月25日号

團 伊玖磨さんの密葬

オペラ「夕鶴」など日本を代表する作曲家の團 伊玖磨(だん いくま)氏が、5月17日に心不全のため訪問先の中国・蘇州市の病院で死去した。77才。團さんの遺体は18日、上海から神奈川県横須賀市秋谷の自宅に帰った。

密葬は20日午前11時から、自宅で近親者を中心に、知人ら約800人が参列して行われた。
居間の大窓前に棺が安置され、弔問者は、團さんが作曲した「花の街」が流れる中、白のカーネーションを祭壇に捧げた。なお葬儀・告別式は6月21日午後1時から、東京都文京区にある護国寺本堂で行われる予定。


歌手ペリー・コモの葬儀

5月12日、米国のポピュラー歌手ペリー・コモ氏が米フロリダ州の自宅で死去した。88才。彼は1945年に「時の終わりまで」などヒット曲を放ち、スター歌手の仲間入りを果たした。

彼の遺体はパームビーチにある聖エドワード・ローマカトリック教会に運ばれ、17日に通夜、18日に葬儀が行われた。木曜日での通夜で、録音されたコモの歌声が堂内に流れ、200人の哀悼者は、涙を流して懐かしの音楽に聞き入った。翌日の葬儀にはおよそ250人が出席。報道関係者は、入場を許されなかった。葬儀のあと、警察の車に護衛された14台の葬列が霊園に向かって出発した。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]