ニュースとれんど 2001年5月11日号

三波春夫さんの追悼盤発売

4月14日にがんで亡くなった歌手の三波春夫さん(享年77)をしのぶ追悼盤が、6月21日にテイチクエンタテインメントから発売される。この追悼盤は、2枚組で5,000円。デビュー曲「チャンチキおけさ」から、250万枚を販売した「東京五輪音頭」、遺作となった「富士山」まで、総吹き込み曲数1,058曲の中から厳選した20曲と、「長編歌謡浪曲」8曲を収録している。なお新潟県は、三波さんに「県民に明るい希望と活力を与え、ふるさと意識の高揚に貢献した」として県民栄誉賞を贈った。


バカンスは遺体の隣で

休暇で行ったバリ島から帰る機内で、遺体の隣に座らされたとして、運行する某航空会社に対し、3人の乗客が補償請求を起こした。
1月7日のことである、3人のカナダ人が休暇でバリ島でのバカンスから帰る途中、飛行機がマジョロ島に立ち寄り、病人と主治医そして病人の身内を乗せたが、病人の容態は急激に悪化した。彼の片方の足は通路にはみ出したままになり、通路をはさんだ隣りのカナダからの乗客は、食事カートがその足のうえに乗らないように、手伝ったりしたらしい。3時間後、病人は死亡した。その後、遺体はホノルルで下ろされたが、3人の乗客はクルーの対応が悪いとして訴えたもの。

 

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

[もどる] [ページの先頭]