葬トレンド
2001年2月16日号

Copyright (C) 2001 SEKISE, Inc.

今、家系図作成がアメリカで人気のあるビジネス

1ケ月間に1,000万人以上のユーザーが、家系調査に関するインターネットのページにアクセスしたといわれる。家系調査サービスを行うウェブサイトでは、これまでより短時間で正確に家族の歴史を発見する手伝いができるというもの。発見の方法は、祖先の記録が残されている移民局や霊園、そして軍隊の記録を調査するのが有効という。また家系図販売サイトの一つ、http://shop.ancestry.comでは、お客様のニーズを3つのテーマにわけて商売を展開している。
1.先祖を簡単に調べられる資料の販売。
2.発見した家系記録を保存したり、本にまとめたりする道具の販売。
3.先祖の記念日を祝うギフト商品などの販売。


野菜を霊きゅう車で運ばないように

アフリカのジンバブエの観光地カリバで、先週、販売目的の野菜が霊柩車で町に運ばれ、当局によって処分されたという事件があった。町議会健康部の役員は、食品を葬式霊柩車で運ぶことは、「公衆衛生上、よろしくない」として、野菜を囲いの中に入て処分した。野菜は20,000ジンバブエ・ドルの価値があったという。野菜を霊きゅう車で輸送した葬儀社の社員は、無許可でこれを行ったとして、どうやら会社をくびになったようである。



HOME最新号へ過去の記事一覧へ