葬トレンド
2000年12月1日号

Copyright (C) 2000 SEKISE, Inc.

4人に1人が火葬

アメリカの火葬率は1999年の統計で25.39%となった。死亡者数は234万人、うち火葬をした人は59.5万人である。北米火葬協会の予想では、西暦2010年には36%、つまり3人に1人が火葬になるという。ちなみに日本人に親しみのあるハワイ州の火葬率は59%である。火葬が増えれば、当然火葬炉も増やす必要があるが、前年より6.9%増えて1,468箇所である。


スェーデンの古代の火葬場を発見

スエーデンでは年間95,000人が死亡するが、その67%が火葬である。ストックホルムでは93%である。それはさておき、今年の8月にストックホルムの18マイル南にある埋葬地で、五角形の火葬場が発見された。鑑定によるとそれは鉄期時代にまで遡ると言う。といってもスェーデンもキリスト教の国であるから、火葬が一般に受け入れられたのは1930年代に入ってからである。



HOME最新号へ過去の記事一覧へ