葬トレンド
2000年11月24日号

Copyright (C) 2000 SEKISE, Inc.

全国の葬儀社数は約4,000社

日本全国にある葬儀社の数は何社あるか。一説によると4,000社で、うち葬儀専業者が3,600社、そして互助会が342社(98年)という。多くは昭和30年から40年代にかけて生まれたが、この10年でも1,000社以上の新規参入があるという。最近では一部のホテル業界も参入してそれぞれのメリットを訴えかけている。新しく登場してくると消費者の選択肢が増えるが、昔ながらの伝統も残してほしいものである。


納骨堂の様子を毎日インターネットで

1セキセーのホームページでは、定点カメラによるその日の納骨堂風景を映している。( http://www.sekise.co.jp/daisizen/mori/noukotudo/index.html )
昼間30分ごとに納骨堂の映像を配信している。これで遺骨をあずけた人も安心。現在リアルタイムでも、納骨堂の風景をご覧けるサービスを準備している。夜は暗くてわからないので昼間見ていただきたい。



HOME最新号へ過去の記事一覧へ