葬トレンド
2000年3月24日号

Copyright (C) 2000 SEKISE, Inc.

骨壷ベッド

葬儀用品にはさまざまな種類があるが、最近アメリカでは骨壷ベッド(urnbed)というものが発売されている。これは式典のために骨壷を移送するカラフルな台で、担架のように取っ手がついている。定価は500ドル、発送まで6週間から8週間かかるとしているので、注文を聞いてから手作りで作るものと思われる。
http://www.urnbeds.com/urn-bed.htm



死亡通知はインターネットで

現在、死亡告知は電話で行われているが、有名人や大手企業の社長さんが亡くなった場合、新聞で死亡広告が出される。しかし有名人の死亡記事はともかく、死亡広告となると料金は高額である。そのため、今後はインターネットによる死亡告知が普及すると思われる。何でも先べんを切るアメリカでは、いくつかそうしたホームページを立ち上げているが、(http://www.obits.com/)では、死亡記事を無料で受け付けている。また(http://www.dailyobituaries.com/)でも、死亡告知のページをもうけているが、こちらは葬儀社の登録番号を通さないといけないようである。それはいたずら防止のためと思われる。


最新号へ過去の記事一覧へ
お葬式プラザロゴ