葬トレンド
2000年1月28日号

Copyright (C) 2000 SEKISE, Inc.

きんさんに2000人がお別れ

1月23日に亡くなった成田きんさんの葬儀・告別式が26日午前11時から、名古屋市千種区にある平安会館今池斎場で営まれた。参列者2000人以上。導師は東宝寺住職。葬儀委員長は海部俊樹元首相。弔辞奉読は愛知県知事、名古屋市長。全国から届いた弔辞は500通以上。会場内やその周辺の供花は400以上。戒名は「錦室妙良信女」。棺には愛用品の杖とわらじ、脚絆が納められた。最後まで明るい話題を残してくれた。



葬儀広告

日本ではテレビなどで葬儀社や霊園の広告がされるのは珍しくないが、韓国の放送規制では、テレビコマーシャルが出来ない業界に次のものが上げられていた。

条項114(放送 禁止対象になる広告)
サービスに関して放送されないかも知れないものとして、葬祭と墓地ビジネスがあげられる。その他のものとして、星占いや寄付を求める広告。タバコと喫煙に関係がある広告。ギャンブルなどの投機などである。

占いや喫煙はわかるが、葬祭が禁止されているのはどんな理由なのだろう?


最新号へ過去の記事一覧へ
お葬式プラザロゴ