葬トレンドロゴ
1999年4月16日号

Copyright (C) 1999 SEKISE, Inc.

火葬を禁止している国

火葬を禁止している国はイスラム教を国教としている国が多く、次の24か国といわれる。主な国としてサウジアラビア、ヨルダン、クウェート、セネガル、ガンビア、モウリタニア、ギリシャ、イスラエル、リビア、ギニア、ミクロネシア、パラグアイなど。こうした国に滞在中、不幸にして死亡した場合、火葬が出来ないので、その国で土葬にするか、あるいは火葬の出来る国まで遺体を移送し、そこで火葬にするしかないだろう。



馬の火葬

自分が飼っていた馬が死亡したらどうするか。イギリスでの話だが、一つは牧場内に埋葬する方法。(これは埋葬する場所が限られている)、それから火葬がある。火葬には2つあり、一つは火葬したあと、人間と同じようにその遺灰を飼主に戻され、飼主はそれを埋めたり散骨するもの。もう一つは馬を他の動物と一緒に火葬したあと、遺灰は飼主に帰らないものである。なお参考までに、火葬費用は単独で行うものが350ポンド(約7万円)、合同火葬が185ポンドである。


最新号へ過去の記事一覧へ

お葬式プラザロゴ